読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝、早く起きるようになった(メソッド編)

朝は早く起きることのきっかけと、それによるメリットに関しては、 朝、早く起きるようになった(モチベーション編) に書いておいたのでそれを読んでもらえると、嬉しく思う。

今回は早起きするためのメソッドを紹介しようと思う。

私が、朝早く起きるために試みたメソッド

私が試したメソッドを紹介していくが、勝手ながら それらのメソッドを

意識系 (意識することで自分をモチベートする方法)、 行動系 (意識することではなく、直接的な行動、アクションで起きる方法)、 定義系 (早起きに対するその定義、捉え方を転換することで早起きへのハードルを下げる方法)

と、3つのタイプ に分けて紹介する。 私自身がやってみたものや、そうでないものもあるが、 それぞれに合ったメソッドを見つける参考にしてもらえると幸いである。

1.次の日の朝にやることを決めておく (行動系、意識系)

朝に何か楽しみなことを一つ作っておく、例えば、食べたいお菓子、 撮りためておいたTV、積み本、etc…

とにかく、次の日起きたときに、ワクワクするものを用意しておき自分自身を モチベートするやり方である。

2.夜ご飯をたくさん食べない(行動系)

その日の夜ご飯を多く食べないことで、次の日の朝はお腹が空いた状態で起きることになる。 これが朝起きるためのモチベーションになるという方法である。

食べ物が口にから入って出ていくまでと、それを消化するのにかかる時間を考えたとき、 朝ご飯が一番消化され、夜ご飯が一番消化されない。

夜ご飯のあとは寝るための行動しかない。 そこでたくさん食べたとしたら、それらは消化されずに脂肪として蓄えられる。

慣れるまで時間はかかるが慣れてしまうと、いくらか痩せるし、朝は起きられるし お得なことばかりで、私はこれを実践している。

3.22時以降は(極力)スマホ、PCを使わない(行動系)

ブルーライト睡眠の質を下げると言われている。私はできるだけ質の良い睡眠をするために、 22時以降はブルーライトが出るものはできるだけ触らないように心がけている。 (と言っても完全にそれができているわけではないが。)

これにより、自然と夜やることの全体の割合のうち、睡眠が多くの割合を占めるようになってくる。

スマホで無駄にブラウジングすることもなくなり、時間の節約にもなるのでオススメだ。

4.起床≠覚醒ではない、覚醒=立ち上がることだ(定義系)

朝起きるときに、両足で「立ち上がる」ことを「覚醒」と自分の中で再定義する。

目を開けるというのは覚醒とは言わない。それはただの開眼だ。

そういう一つの暗示をかけるというメソッドである。私自身はこれを取り入れようと したが、うまくいかなかった。

5.起きたら水を飲む(行動系)

胃にものを入れると、その瞬間から体の一日の活動が本格始動するらしい。(確かなものは何も無いが。)

朝一でお水を飲むことで、体を無理やり起こす方法である。私はお腹がもともと弱く、 この方法をすると朝一からお腹の調子が悪くなるので、生活に取り入れていない。

夜ご飯をお腹いっぱい食べないメソッドと組み合わせてやると効果があるような気がする。

6.起きたらストレッチ(行動系)

ストレッチをすることで全身に血が巡って、目が覚めるというシンプルなメソッドである。

まあ、これができるなら半分は起きていることができている状態であるが、 このあと、もう一回睡魔が襲いかかってくるので、ここで完全に片を付けるという意味で 私はこれも実践している。

7.アラームの一発目を死守(行動系)

アラームを何個もかけておくと、「次で起きればいいや。」みたいな気持ちになる。 ならばいっそそんな保険は捨て、自分を追い込むというメソッドである。

そもそも人間は追い込まれないと、やるべきことはやらないものだ。夏休みの宿題と同じだ。

このメソッドはリスキーであるが、そのリスクを背負い、逃げ場をなくすことで朝起きるためのモチベーションに する。

結局、なぜ早起きをするのかが大事

私は本を読む時間を確保するために朝、早起きをするようにしている。

学生のときは、通学のバスの中で 読書をしていたが、社会人になってこの習慣がなくなるのは勿体ないと思った。

本は一つの確実な情報源であるし、著者の追体験機能をもった媒体だと私は考えている。

情報としては、TV、ネットよりかは確実だと信じており、また娯楽としても一つの完成したものだと考えている。 これを失うのは私は惜しいと思った。

というように、なぜ早起きをするのかが大事である。 そのルーツは深ければ深いほど、モチベーションは比例して大きくなり、 早起きが成功しやすくなる。

ここまでしているのだから、ここで諦めるのは勿体ない

もし、この記事をここまで読んだ人がいるのなら、それだけ朝早起きしたい人だと思う。

そこまで思っているなら、もうそろそろできるようになった方がいい。 いや、なるべきだ。

早起きをした時間はあなたの時間

早起きして24時間のうちの数時間、数十分を もし確保することができたら、それはあなただけが使える時間だ。

あなたにとって有益、あなたにとっての幸せのためにその時間を使うべきだ。

ということで、いくつかの具体的なメソッドを紹介してきたが、 あなたの何かしらの助けになれば幸いである。

以下、参考URL