毎日が試練であり、幸せ 〜「愛とは恐れを手放すこと/ジェラルド・G・ジャンポルスキー」を読んでみた〜

人は誰しも普通に過ごしていれば、誰かを羨んだり、それを嫉妬という形にしてしまったり、 怒ることでそれを解消しようとしたりしてします。でも、そんなことで解消できないことを 理解していない人、または、理解していてもやろうとしない人が案外多いように思います。

と、偉そうにこんなことを言う僕も以前はそっち側の人で、 怒り、という感情にこそ出さないですが、どうにかしてその感情を 押さえつけ、適当な理由をつけて自分を納得させる毎日でした。

でも、この本を読んでその考えも変わったように思います。 そんなわけで今回は愛とは恐れを手放すこと/ジェラルド・G・ジャンポルスキーを 紹介します。

そんなの信じないですよ、僕

僕は正直、この手の書籍が得意ではありませんでした。 というのも、理系で、式で表現されないことを信じない僕なので、 スピリチュアル、オカルトの類は当然の如く信じませんでした。 「こんな本、信用できない、胡散臭い」と心の底から思っていました。 本のタイトルが愛とは恐れを手放すことですよ、いや、もう宗教じゃないすか。僕はそう思っていました。

ですが、もともと本田さんの書籍が好きだった僕は、本田健さんが翻訳しているとわかると、 それが決め手となりこの本を読むに至りました。

ついでに、僕の本田健さん好きのきっかけとなった本のAmazonリンクを以下に貼っておきます。

https://www.amazon.co.jp/20%E4%BB%A3%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%8417%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8-%E3%81%A0%E3%81%84%E3%82%8F%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9C%AC%E7%94%B0-%E5%81%A5/dp/4479302832www.amazon.co.jp

自分の心に常に平穏を保つ

この本で書いてあることを僕なりにざっくり言うと、 もっと自分のこと、自分の心のことを考えて行動しようよ。 人の根源の部分をちゃんと設定して行動しようよ。です。

それを章ごとにテーマと具体例、そして、その日の課題という流れになっています。 ページもそこまでボリュームがないので、繰り返し読むのもいいと思います。

ちなみに僕はリバレッジリーディングで別のノートに写してそれを読むようにしています。 リバレッジリーディングについては、このエントリーで紹介しましたので、 一読いただけると嬉しいです。

shymyblog.hatenablog.com

僕がこの本の課題を取り組んでみて感じたのは、 毎日、幸せを感じることはできるし、もちろん怒られたり悩んだりすることも当然あるが、 ただこの瞬間、受け取る感情を作っているのは僕自身だ。ということです。

僕が意識的に感情を選択しようとすれば、選択することができるのです。自分の心に平穏を保とうと意識すれば、 その感情を選択することができるのです。

そうなると毎日が試練です。感情が変化しそうになったら、 そこで心の平穏を考えてポジティブに切り替えるか、もしくはネガティブな感情として発散するか、という2者択一の選択を迫られるのです。

気に入ったテーマ

僕がこの本で気に入っているテーマを紹介します。

  • 与えることは受け取ること

  • 私は他者に対する攻撃的な思いは、実は私自身に向けられるのだと認めます。

愛とは恐れを手放すこと/ジェラルド・G・ジャンポルスキー著 より引用

この2つは、人間関係についてのテーマ課題です。 人間関係というのは、LINEやFacebookの友達にかぎらず、風が吹けば桶屋が儲かる的につながっている 。だから、まずは自分からアクションを起こすこと。だと僕は思いました。

  • 自分が受け取ろうと思ったものだけを受け取ります。

  • 人を裁こうとしない努力を始める。

愛とは恐れを手放すこと/ジェラルド・G・ジャンポルスキー著 より引用

この2つは自分という個人に関することテーマ課題です。 相手の視点に立つことを考えればそうなるな、と気付かされました。

小さい頃を思い出してみると。。。

小学校の頃からの記憶、もっと小さかったころの記憶を思い出してみてみると、 言われてきたことは「正直でいなさい」とか「嘘をついてはいけない」、「人にやさしくしなさい」だった気がします。

そういったことは小さい頃に言われていたのにも関わらず、大人になるにつれて 忘れて、目先の利益を考えて、目の前のことだけに追われて精一杯になりがちです。

だからこそ、今こそ原点回帰。人に優しくすることが大切なのかもしれない。と僕は思います。 そして、それが実は自分に優しく接することになるのだと思います。

人はすべてつながっている。 すべての道がつながっているように、相手と自分も本質的につながっている。 だから相手に尽くすことは自分に尽くすことだ。

そういうことを意識して毎日をすごすようになりました。会社でも、それプライベートでも。

そして、相手に尽くす = 自分に尽くすを考えると、お金がほしければ、使うことだ。と、僕は思っちゃったりします。

ちょっと想像してみてください。 さっきまであった誰かのお金が今は自分の手元にあるだけで、それを「お金がある」って言うんです。 誰かが手放したお金が、今自分のところにくるんです。ならば、欲しければ手放さなければ、と僕は思うんです。

同じ理論で言うと、 例えば、自分に優しくしてほしければ、まずそれを与えなければ、と思うんです。

このテーマ、理論で大事なのは、何事もまずは自分から行動することです。 そうすれば、おのずと自分が周りを見る目が変わってくるだろうし、段々と、周りが変わってきます。(きっと) 少なくとも今の僕はそうだと思います。僕がそう経験したから。

だから、このエントリーを読んだ人にはこう言いたいです。

今こそ心のギアを切り替えるときだ、と。

瞑想で睡眠時間を短くできた

以前、瞑想の記事を書きました。

shymyblog.hatenablog.com

今回はそれの継続レポートを書いてみようと思います。

今のところ感じる効果をざっくりと

この本↓を読んで以来、瞑想の習慣は続き、僕の生活習慣、ルーティンになりつつあります。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334784852/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1www.amazon.co.jp

おかげで毎日気分は以前より穏やかに保つことができています。 僕が瞑想を続けたことにより具体的な効果として感じるのは、

  • 肩こりがなくなった

  • 毎日、目覚ましが鳴る前に起きることができるようになった

  • メタ認知能力UP

といったところでしょうか。

ここは成長してるかも、と思うのは、何かを言われたときにすぐに怒ったり、 悲しんだり、そういった一喜一憂をしなくなったことです。 これはメタ認知能力がUPしたことで、感情が切り替わる前に、次の感情を選択することができるようになったのだと思います。(多分)

そして、瞑想の効果を最も感じているのは、睡眠の質の向上です。

自分でも不思議なくらい朝はスッキリ起きられるようになったし、 それでいて体調もいいような気がします。

これができるようになったので、帰るのがちょっと遅くなったり、寝る時間が遅くなったりする日は、 瞑想して体力を短い睡眠時間で回復させるようにしています。

続けてみての感想

僕は2,3日に1回のペースで、寝る前に瞑想をするようにしています。

ただ残念なことに僕には自分の部屋がないため、家族が寝静まったときに電気を消して、 耳栓をして完全に集中できる状況で瞑想をするようにしています。

最近は瞑想自体に慣れてきて、雑念が発生する前に棚上げする、という ことも少しずつできるようになってきました。 瞑想には幾つか段階があり、境地瞑想(NIRVANAというらしいです。ロックですね。)に入ったときは すごく気持ちいいです。早く狙ってこれに入れるようになりたいですね。

瞑想が終わると、なんともスッキリ。そして、「この世はこんなに騒がしいか」 と思うほど瞑想中の静かさに気付かされます。

その後はいくらかストレッチをしたりして思い切りリラックスするのですが、一休みをしていると 疲れてはないけど、もう充電をすべて使い果たしたかのような感覚になり、「ああ、もうこれは寝るしかない。。」という状態に。

そして、その欲望のまま次の日を迎えると、不思議なくらいスッキリ起きちゃうんです。 いや、ほんとに。なんなら仕事がない日もその時間に目覚めちゃいます。勝手に。 マジ、瞑想。サンクス、瞑想。すごすぎ、瞑想。

寝る時間がないときこそ、瞑想をする

睡眠について、思い返してみると、 以前の僕は眠りに入るとき、考え事をしながら眠りに入っていたように思います。 でもそれってよくない(らしい)です。 もっと言えば、夢は見ないほうが体力の回復という点では、いい(らしい)です。

夢を見ている間は、脳が物事を整理している、というのはよくある話ですが、 つまりは睡眠中でも脳は作業しているのです。体力を使っているのです。

睡眠しているときに回復するはずの体力が、この作業にエネルギーがまわされちゃっている、のです。

みたいな文章をどこかで読んだ記憶があります。

例えるなら、 スマホを充電しながら使う、ってのがあまりよろしくないということは、知っている人は知っていると思いますが、 人が睡眠の最中に夢を見る、ってのはそれと同じような感じですね。

なので僕は眠る時間が限られたときは、あえて瞑想をするようにしています。 無駄に脳に体力を奪わせないようにし、睡眠時間を逆に削るのです。

そう、だから、寝る時間がないときこそ、瞑想をする。

とは言うものの。。

ここまで、睡眠の質が向上するなんてつらつらと述べてきたのですが、あくまでもこれは僕の感想、経験、体験です。無責任でごめんなさい。 そうでない人もいるのかもしれません。

ただ騙されたと思って一度やってみてください。 うまくいけばハッピーになれるかもしれません。

うまく睡眠をすることができるようになると、朝気分良く起きることができまし、 そうするとその日の仕事、その日のやることを最高の状態で進めることができます。

良いスタートは前日の睡眠から。レッツ瞑想。

思考パターンやら本質やらがわからない僕がそれについて少しわかった話 〜地頭力を読んで、僕に足りない思考パターンはフレームワーク思考だと分かった〜

最近、僕は「本質をとらえろ」とやたらと言われています。上司から。

こんなときは検索する、それが現代人。 検索してみました。

本質 - Google 検索

少なくとも僕には、そこまで助けになるような検索ではなかったですね。

んじゃー、もう僕に何かを教えてくれるのは本しかない、と思いそんな本を探していたところ

Amazonいま、すぐはじめる地頭力/細谷功という書籍を見つけました。

www.amazon.co.jp

目次

本質?いや、わかんねす。

僕はあまりテキパキ仕事をこなすほうではなかったです。 そんな僕は上司から「いや、この案件のここは本質的な部分ではないだろ。」と 言われるのですが、僕にはそれが理解できませんでした。

そもそも本質ってなんか大事なことをかっこいい言葉で言い換えているだけだろ、 と思っていました。本当は都合のいい答えを持ってこられたらそれが正解なのだろう、って思っていました。

「こうなったら本しかオレには救いはない!本よ、おれに本質とはなんたるかを教えてくれ!!!」

本質とかで検索してみると、いま、すぐはじめる地頭力/細谷功という書籍を発見しました。 そして、僕はAmazonいま、すぐはじめる地頭力/細谷功をポチり、読んでみることにしました。

地頭力とは3つの思考の総合力

いま、すぐはじめる地頭力では、 仮説思考フレームワーク思考抽象化思考という 3つの力が地頭力だと紹介してあります。

もっとざっくりとこの3つの力を説明すると、離れて考えることです。 今ある状況から離れる、今見えている状況から離れる、そして、 求める結果から逆算して考える、ということです。

普段こういう考え方ができていない人が、このような考え方ができるようになるときがあります。 それは昔からの言葉で言えば、火事場の馬鹿力、最近の言葉で言えば、フローやゾーンというような現象の中にいるときです。 そういった現象の最中では逆算して考えるという思考パターンに入っているのです。

その仕組みとしては、人間が追い込まれることで、嫌でも結果から逆算してやるようになるのだそうです。

僕に足りない思考パターン

読んでみてわかったことは、 僕に特に足りないのはフレームワーク思考ということでした。 つまり僕は、全体を俯瞰する、全体の外枠を捉える、ということが苦手ということがわかりました。

確かに思い返してみると、僕は「とりあえずやってみる」や「見切り発車」ということを 結構やっているところがあり、それが良いようにでることもあるのですが、 それが逆に転ぶこともしばしばありました。いや、よくありました。

僕だけが、もしくは少数の人間がそういった偏った考え方をしているのか、というとそういうわけではなく、 人間誰でも思考に癖を持っていて、むしろ大事なのは自分がそういう思考の癖を持っていることを知っておくことです。

逆に僕には抽象化思考は結構あるみたいです。 この思考法に特徴されるのは物事を抽象レベルを上げて考えて、共通点、相違点を見つける思考法です。 僕は会話するときによく例え話を出すのですが、このときに必要なのは話していることと それと同じ性質、特徴のトピックを取り出します。 そういう物事の共通点を見つけるのは僕は得意だということ にも気づくことができました。

僕の思考パターンは全体をみるマクロな目を意識することがなく、 自分の見えている景色が全て、と考えてしまいがちのようです。

こういうことが分かっているとそうでないとでは、考えるときに それに注意が向くので少しずつ思考パターンが改善されいくような気がします。

こういう思考パターンの特性がわかってくると、考えるという行為がだんだん面白くなってきました。 考えるという行為、今はめちゃくちゃ楽しいです。

まとめ

地頭力を鍛えることは、本質を見抜くことになり、そうすると無駄なく会話をすることができたりします。

でも、いつでも考えて行動することは良いことですが、 それをなんでもかんでも使うのはよくないです。

この考え方の目的は本質をつかむこと、それを理解してそれなりの結論を見つけることです。 例えばこれを日常会話でやられたら結構つらいですよね。 いや、このプロセスを楽しもうぜ、この話オチつけたいのに先に言わんといてくれますかね。。みたいな、 女の子と話すときなんかは、もう絶対やっちゃいかんですよ。 感じ悪いことこの上ないですよ。

ちなみに、会話でちゃんと解決策を見つけようとするのは男性特有の ものらしいです。それは昔、それは原始時代のときに遡るとルーツが。。。 っということを聞いたことがあります。

地頭力は帯刀みたいにいつでも抜けるようにしておくことが大事です。 その刀は常に腰にさしておき、必要なときにそれを使うように心がけることです。

つまりは、時と場合です。でも、使い方を間違えなければ、最強の武器 になり得ると思います。今回は結構いい本に出会えたと思います。 では、今回はこのへんで。

www.amazon.co.jp

引き寄せモーニングページ 〜モーニングページやってみたら、少しずつ毎日が変わってきた〜

引き寄せの法則というのをご存知でしょうか。 自己啓発系の本を読む人は聞いたこと、もしくは読んだことがあるのかもしれません。

ざっくりと説明すると、引き寄せの法則というのは 人は自分が願ったこと、思ったことを引き寄せる、という法則です。

でも、具体的な方法を紹介している書籍は少ないように思います。(僕が見つけようとしていないだけかもしれませんが。) また、実際そういう本を読んでみても、具体的な方法って書いてないように思います。

そこで今回は僕が引き寄せの法則のためにやっている具体的な習慣をを紹介します。

モーニングページをやるきっかけになった本とか

僕は引き寄せをモーニングページでやっています。 そのモーニングページを知ったきっかけは、この本でした。

www.amazon.co.jp

モーニングページというのは ざっくり言うと、朝に頭の中に浮かぶことすべてを書き出す、という 自己啓発メソッドです。

リファクタリング・ウェットウェアを読んだ当時は全く興味はなかったのですが、最近 それを引き寄せの法則に使う、というブログを見つけ、モーニングページを やりはじめるようになりました。

dream.navi.ryukyu

僕は引き寄せの法則のためにやっていますが、他にも色々と効果があるみたいです。

matome.naver.jp

googlekeepでモーニングページをやってみる

僕はモーニングページにgoogle keepを使っています。 何故かと言うと、ひとつはお手軽さです。スマホの方がお手軽に入力できると思ったからなのですが、これが 見返すことを考えるとスマホよりは手帳の方がいいのかな。と思わないことも ないです。

ただ 朝は忙しくなりがちなので、モーニングページする時間を確保するのが難しいということもあって僕はgoogle keepでモーニングページを実践しています。 時間のある日にまとめて書きます。あとから、見返せるようにするために。

blog.shibayu36.org

実際どうなの?

なんだか不思議なのですが、宣言したことはだいたいうまくいっているような気がします。 「仕事をテキパキ、スピード感もってこなす」と宣言すると、仕事がスムーズに進みます。

確かにそれを宣言した時点で意識的に行動として再現しようと行動するので、 うまくいくはずなんです。うまくいかなくても、そうしようと行動するのでいずれできるようになるんです。

ただ「今日はいい人と出会う」とか、時間の条件のあることを僕はまだ引き寄せることはできませんが、いつかはできるようになると思っています。(これもまたひとつの引き寄せです。)

オカルト感は若干ありますが、信じれば救われる。多分。

まとめ

モーニングページは引き寄せの法則ということもありますが、 頭の中を全部吐き出すスッキリとさせるという効果もあります。

モーニングページを実践するときのポイントとしては、 前日思い残していたこと、余計なことはデトックスで洗い流して脳の中をスッキリさせることです。 そして、そこに引き寄せの要素として、自分が願うことを思いを書き出します。

これをやるタイミングとしては、これを朝起きたらできるだけ早いタイミングでやることが大事だとおもます。

まあ、こんな感じでたまに文章を書くのも悪くないと思いますよ。

ミニマリスト(もどき)の読書 〜「レバレッジ・リーディング /本田直之」を読んで、読書スタイル変わった〜

ブログをこっちに移行しています。

すみませんが、 こちらからお願いします。

shymyの生活

文章書くの苦手マンからマシになる方法 〜頭のいい人は「短く」伝える (だいわ文庫) を読んでみた〜

そもそもブログでプロットを書いている人いるだろうか?

僕はプロット的なものを記事に起こす前に書いています。

ルールとして、4節構成にすること(きっかけ、ストーリー、クライマックス、まとめ)。

僕が4節構成にするようになったのは頭のいい人は「短く」伝える (だいわ文庫)を読んだのがきっかけです。

www.amazon.co.jp

僕はこのブログを書くときは、先に4節を先に書くことを意識しています。

全部がこのパターンに完全に沿っているわけではないが、基本的に4つの要素、4節構成に心がけています。 というより、僕がそうじゃないとうまく文章を書けないんすよね。というか、それにしか納得できなくなってしまっています。

文章には型がある

頭のいい人は「短く」伝える (だいわ文庫)のテーマは 文章には型があるということ。

どんなうまい文章も4行でまとめることができ、逆にそれに肉付けをしていくことで きれいな文章は作り出すことができるらしい。

4行でなんでもまとめられるわけないだろ。みたいな何かしらの反論する人もいるかもしれないですが、 それでまとめることができなければ、それは瑣末な、その文章に組み込むべきレベルにない情報 なんですよ。4要素で書く(もしくはまとめる)以上その4要素は同じレベル、粒度にないと4節構成することができないと思います。

そういうことさえ気づいていなかった僕にとって、頭のいい人は「短く」伝える (だいわ文庫)は ひとつの型を覚えるだけで、多くの場面に応用が効く内容で、僕にはとてもためになった一冊でした。

はじめの一歩を踏み出す

これを読んで、僕は4行で日記を書いてみたり、4行で本の感想を書いてみたり、 4行でまとめることは意識的に取り組み、最近では無意識的にやっているときもあったりします。

僕が思うに、この本は 文章を書くのが苦手で、でも読むのは好き、でも書きたいんだ、みたいな人が読むと一助になると思います。

「いや、お前そこまでうまい文章をここで書けていないじゃないか、むしろ下手じゃないか。」と思う 人もいるかもしませんが、以前の僕はもっとひどい文書を書いていました。 以前の文章を今書くことができないので、その比較はできないのがなんとも残念です。そう言ってここは逃げておきます。逃してください。よろしくです。

4行でまとめると、情報が同じフォーマットで整理され、気持ちもスッキリしてきます。 情報も整理整頓、断捨離ズム、最高。

まあ、まずはトライ

どんな本でも啓発や学習をテーマにしたものは、読んでから、次に行動しないと何もなりません。 知識を脳に一時的に入れているだけなんて、まあ、もったいない。

なので文章もうまくなりたいと思えば、たくさん書いて型を習得することに務める。 そして、書き続けること、そこから生まれる自分のスタイルを見つけていくこと。

千里の道も一歩から、そんなことを思いました。

瞑想にトライしてみたSEによるレポート 〜「始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ 」を読んで〜

ちょっと興味があったので、今回は瞑想/マインドフルネスについて書いていきます。

半信半疑で瞑想をやり始めてみた

googleなどのシリコンバレーにあるような会社では、マインドフルネスという瞑想(厳密には違うらしい)を取り入れているということをライフハッカーとかの まとめ記事でよく見かけるようになってきた。

瞑想というと、お坊さんが悟りを開くための訓練の一環としてやっている。というイメージが強いと思います。まあ、僕もそのひとりだった。 では、なぜgoogleはそのような取り組みを行っているのかというと、 それは以下のような効果が期待されるから。

  • 集中力アップ

  • 幸せになれる

  • 肩こり改善

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334784852/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1www.amazon.co.jp

参照。(ちなみにこの本は初心者としてはいいです!少なくとも僕は。)

SEの悩みをすべて解決してくれている。。。。最高じゃないすか。

しかし、そんなことあるか!と思いたくもなるでしょう。わかります。僕もそっち側だったので。 そこで、こうなったら自分の身をもって確かめるしかない!そう思い、僕は瞑想に1週間ほどトライしてみました。

今回はそのレポートを書いていきます。ああ、書いていきますよ。

マインドフルネス?瞑想?怖えよ!宗教かよ!

瞑想なんて、修行の身でもない人が取り組むなんて、入信しない限りほぼないのかもしれません。いや、言い過ぎかも。 でも、やっている人は少数派でしょう。 そう考えると、瞑想をオカルト色を帯びてなんとも近づきがたい。 今のところ世の中はそんなイメージが強いと思います。

それでもいくらか興味のある方がここまで読んでいると思うので、書籍で紹介されているやり方を軽く紹介。

マントラ(この書籍ではMマントラというマントラを採用しており、「オーン、ナハーム、スバーハー」と心の中で唱える)という念仏をずっと唱えて、無の状態(頭の中が空っぽの状態)に近づいていきます。 なぜマントラを唱えるのかというと、 マントラを唱えることによってあらゆる雑念に注意を払って(本ではマントラに集中すると書いてありますが、本質的には同じです)、マントラを呼び水として、雑念をどんどん拾い上げていきます。

そして、その雑念を意識的に次々に棚上げしていきます。

頭の中に雑念や懸案事項がひらめいたら、「それはあとで考えるから、今はマントラに集中」と 言い聞かせて、マントラに集中。また、雑念がきたら同じようにマントラに集中するように仕向ける。 もう少し具体的に言うと、いや、同じことを言うと、以下のような感じです。

雑念: 「あ、今日あれやらなければ!」

自分:「あ、集中のが雑念にいってしまった。今はマントラに集中!」

雑念:「アイスが食べたい」

自分: 「あ、また集中のが雑念にいってしまった。今はマントラに集中!」

こうやって頭の中の雑念を次から次へと棚上げしていきます。 このとき不思議なのですが、雑念は一度棚上げしてしまうと、思い出す必要ないものは再度思い出すことはありません。 (これはホント不思議。というか、多分僕がそれだけ雑念まみれだったのだと思います。)

で、実際どうなの?瞑想って。

僕が瞑想をやってみて感じたことを以下に素直な感想として書いてみると、

  • 次々と雑念を棚上げしていくことで、集中力を一箇所にフォーカスすることが少しできるようになった

  • まわりの雑音、気が散ることが無視/遮断(少し)できるようになった

  • 感情、反応を選択できるようになった

  • 体が柔らかくなる

デメリット

  • 誰かに見られたら、やばいやつだと思われる(かもしれない)

環境的要因なので、一人暮らしの人や自分の部屋がある人は安全に行うことができると感じます。 (僕には部屋がないので、寝静まったときにやったりしてます。)

信じれば(騙されれば)、救われる(かも)

僕は結構効果を感じています。もしくは騙されているのかもしれません。 どちらにしても、毎日がハッピーに過ごせているのでしょう。 まだまだですが、何かを言われたときにムカついたり、気が散ってしまったりすることがありますが、 それになるタイミングがわかるようになってきました。 そして、そのタイミングでマイナスの感情を回避することができるようになったように思います。 こういう感情、反応の選択(7つの習慣でこのトピックはあったと思います。確か。)ができるようになったのは日常生活の中では大いにアドバンテージだと思います。

ということで、もし興味がある人はやってみて欲しいです。瞑想。 そして、やるならひとつやり方を見つけてトライしたほうが無難に取り組めると思います。 あ、今回紹介した本も参考の一助になると思います。(別に回し者ではないですが。。。)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334784852/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1www.amazon.co.jp

ただ自信をもっておすすめできないんです。他に試した人がいないから。

また、数ヶ月して効果をレポートしたいとか考えています。するかどうかの確約はできないですが。ではでは。